亀光山 釈迦院 金泉寺

第三番

【御詠歌】
極楽の宝の池を思ただ
黄金の泉すみたたえる

沙羅双樹

 釈迦が入滅したときに、季節はずれの一対のこの樹が花を咲かせ、花びら を降り注いで遺骸を供養したといわれ、かつての大規模な境内の初夏を彩った光景が偲ば れる。

熊蜂

 寺の付近は交通の要所としてひらけたが、一方、古くから熊蜂が多く飛ん でくることがあって、悪行の遍路を懲らしめたともいわれる。

金泉寺の歴史・由来

聖武天皇(在位724〜49)の勅願により行基菩薩が寺塔を建立し、「金光明寺」と命名されたと伝えられる。そのころの本尊は高さ約91センチの釈迦如来像で、脇侍に阿弥陀如来、薬師如来の三尊像を安置して開基したという。弘仁年間(810〜24)になって弘法大師が四国を巡教された際、村の人たちが日照りに苦しんでいるのを見て、この地に井戸を掘られた。この井戸から湧き出た水は霊水で、「長寿をもたらす黄金の井戸」とされ、寺名の「金光明寺」を改め、「金泉寺」とした。その後、亀山天皇(在位1259〜74)が法皇になられ、弘法大師を篤く信仰されて各地の霊跡を巡拝、金泉寺にもしばらく滞在された。

その間に、京都の三十三間堂(蓮華王院)に倣ならった堂舎を建立し、1,000の千手観音像を祀られ、背後の山を「亀山」と命名し、山号も「亀光山」と改めた。この堂舎には経蔵がおかれ、学僧たちで賑わったという。以来、皇室との縁が深く、長慶天皇(在位1368〜83)の御陵も本堂裏にある。また、源平合戦(元暦2年=1185)のおり、源義経が屋島に向かう途中に金泉寺に立ち寄り、戦勝開運の祈願をしたと『源平盛衰記』に伝えられている。本堂の左手にある慈母観音子安大師は、義経の祈願所ではあるが、境内西隣にある「弁慶石」もその一つで、義経が弁慶の力試しに持ち上げさせたと伝えられている。すこやかに育てと願う親心の観音菩薩。いまも人生の開運を願う参詣者が多く訪れる。

金泉寺の見どころ

・沙羅双樹(さらそうじゅ)・熊蜂(くまんばち)

第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺 (きこうざん しゃかいん こんせんじ)

宗派:高野山真言宗
本尊:釈迦如来(伝行基作)
開基:行基菩薩
創建:天平年間(729〜749)
真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

アクセス情報

所在地:〒779-0105 徳島県板野郡板野町大寺字亀山下66
電話:088-672-1087
駐車場:普通14台・大型3台・終日・無料
宿坊:なし
公式HP:なし

藍住インターチェンジから、県道1号線を板野町方面へ進み、次に県道12号線を鳴門市方面、県道1号線へ。走っていると標識が現れるのでその通りに進んでいきます。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら