母養山 宝樹院 恩山寺

第十八番

【御詠歌】
子を生めるその父母の恩山寺  
訪らひがたきことはあらじな

玉依御前の剃髪所

 大師堂の手前。「大師御母公剃髪所」の石碑と小さなお堂が建ち、
また、大師作と伝えられる「御母公像」、母君の髪の毛が安置されている。

弘法大師像

 大師自ら彫造した像で、現在、大師堂の本尊とされている。

恩山寺の歴史・由来

小松島市郊外の小高い山の樹林が心地よい、県指定の風致地区にある。縁起をたどると、創建は聖武天皇(在位724〜49)の勅願により、行基菩薩が草創して、当時は「大日山福生院密厳寺」と号した。本尊には行基菩薩が薬師如来像を彫造して安置し、災厄悪疫を救う女人禁制の道場であった。十九番霊場に向かって下る「花折り坂」という坂から上には、女性が入ることは許されていなかったのである。延暦年間(782〜806)になって、弘法大師がこの寺で修行をしていたころという。大師の生母・玉依御前が讃岐の善通寺から訪ねてきた。だが、寺は女人禁制、大師は山門近くの瀧にうたれて7日間の秘法を修し、女人解禁の祈願を成就して母君を迎えることができた。

やがて母君は剃髪をして、その髪を奉納されたので、大師は山号寺名を「母養山恩山寺」と改め、自像を彫造して安置され「我が願いは末世薄福の衆生の難厄を除かん」と誓われた。弘仁5年(814)ころのことと伝えられる。
寺は「天正の兵火」で焼失しているが、江戸時代になって阿波藩主の庇護をうけて繁栄し、現在の本堂や大師堂は文化、文政年間(1804〜30)ころに建立された由緒ある建造物である。境内には玉依御前を祀る小堂があり、母君に孝養をつくして、大師が植樹した「びらんじゅ」は、県の天然記念物にもなっている。母君を慕いつくした大師のこころが、いまも宿っているような寺である。

恩山寺の見どころ

玉依御前の剃髪所・弘法大師像・「源義経上陸の地」石碑(境内の山裾にあり、近くの神社に義経が弓を引くいている銅像)

恩山寺の年中行事

護摩祈祷
日時:毎月1日、12日、20日

奥之院金磯弁財天縁日
日時:己巳の日(つちのとみのひ、この日に参拝すれば財福が備わるとされます)

第18番札所 母養山 宝樹院 恩山寺 (ぼようざん ほうじゅいん おんざんじ)

宗派:高野山真言宗
本尊:薬師如来
開基:行基菩薩
創建:天平年間(729〜749)
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

アクセス情報

所在地:〒773-0008 徳島県小松島市田野町字恩山寺谷40
電話:0885-33-1218
駐車場:普通20台・マイクロバス5台・大型4台 (午前7時〜午後5時 ・無料)
宿坊:なし
公式HP:なし

JR南小松島から西へ進み日開野町交差点で左折して国道55号線を南へ。標識に従って右折し、道案内に従って進みます。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら