法界山 高照院 大日寺

第二十八番

【御詠歌】
露霜と罪を照らせる大日寺
などか歩みを運ばざらまし

本堂

 檜と松を使って平成9年に再建されたが、釘を使わず木組みだけで造られた。

大師堂

 昭和58年に改修。大師像は土佐2代目藩主・山内忠義公が寄贈した。

大日寺の歴史・由来

境内には四季折々の花が咲き、巡拝者の目を楽しませてくれる。早春にはサンシュユの花、3月彼岸ごろにはしだれ桜、本坊前のコブシの花、10月中旬から十月桜や万両が見頃を迎える。
縁起によると、聖武天皇(在位724〜49)の勅願により、行基菩薩が大日如来の尊像を彫造し、堂宇に安置して開創されたと伝えられる。その後、寺は荒廃したが、弘法大師が四国を巡教された弘仁6年(815)、末世の人々の安泰を祈り、楠の大木に爪で薬師如来像を彫られ、これを祀って復興されたという。
以後、隆盛を誇り、七堂伽藍や末寺、脇坊も備わり、17世紀初頭の慶長年間(1596〜1615)からは土佐藩の祈願寺となって、堂塔も整備された。明治新政府の神仏分離令によって一時は廃寺となったが、本尊は「大日堂」と改称した本堂に安置していたので救われ、明治17年に再興されて現在にいたっている。

行基菩薩作とされる金剛界大日如来坐像は、高さが約146㎝の寄せ木造りで、四国では最大級。また、脇仏の聖観世音菩薩立像は智証大師作と伝えられ、これも高さ約172㎝と大きく、ともに国の重要文化財に指定されている。また、大師ゆかりの楠の霊木は「爪彫り薬師」と呼ばれ、奥の院とされている。その楠は明治初めの大風で倒れたが、跡地に一堂を建てて安置している。この霊木は、頭、眼、鼻、耳、顔など首から上の病に霊験があらたかとされている。薬師堂の脇には、土佐名水40選にも選ばれた大師御加持水が湧く。

大日寺の見どころ

本堂・大師堂・野市百人衆(武将・長宗我部軍の遺臣たち100人を使って水田を開拓させた。彼らは土佐郷士の初めとなった。)・龍河洞(日本三大鍾乳洞のひとつ。全長4km。)

第28番札所 法界山 高照院 大日寺 (ほうかいざん こうしょういん だいにちじ)

宗派:真言宗智山派
本尊:大日如来
開基:行基菩薩
創建:天平年間(729〜749)
真言:おん ばざら だどばん(金剛界)

アクセス情報

所在地:〒781-5222 高知県香南市野市町母代寺476
電話:0887-56-0638
駐車場:普通/30台・マイクロバス/10台(無料)
宿坊:なし
公式HP:http://dainichiji28.org/

南国インターチェンジから、国道32号線・県道45号線を南国方面へ。後免町交差点を左折し県道364号線を野市町方面へ向います。龍河洞方面へ向う表示に従い交差点を左折。バス停大日寺前を右折し山道を登ると正面にあります。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら