八葉山 求聞持院 禅師峰寺

第三十二番

【御詠歌】
静かなるわがみなもとの禅師峰寺
浮かぶ心は法の早船

寺宝

鎌倉後期・徳治3年(1308)の梵鐘、室町時代・永禄13年(1570)の鰐口。ともに県指定文化財。※画像1

金剛力士像

※画像2

禅師峰寺の歴史・由来

太平洋のうねりが轟く土佐湾の海岸に近い。小高い山、とはいっても標高82mほどの峰山の頂上にあることから、地元では「みねんじ」とか「みねでら」「みねじ」と呼ばれ、親しまれている。また、海上の交通安全を祈願して建立されたということで、海の男たちは「船魂の観音」とも呼んでいる。漁師たちに限らず、藩政時代には参勤交代などで浦戸湾から出航する歴代の藩主たちは、みなこの寺に寄り航海の無事を祈った。
縁起によると、行基菩薩が聖武天皇(在位724〜49)から勅命をうけて、土佐沖を航行する船舶の安全を願って、堂宇を建てたのが起源とされている。のち、大同1年、奇岩霊石が立ち並ぶ境内を訪れた弘法大師は、その姿を観音の浄土、仏道の理想の山とされる天竺・補陀落山さながらの霊域であると感得し、ここで虚空蔵求聞持法の護摩を修法された。このとき自ら十一面観世音菩薩像を彫造して本尊とされ、「禅師峰寺」と名付け、また、峰山の山容が八葉の蓮台に似ていたことから「八葉山」と号した。

以来、土佐初代藩主・山内一豊公はじめ歴代藩主の帰依をうけ、「船魂」の観音さんは今も一般の漁民たちの篤い信仰を集めている。仁王門の金剛力士像は、鎌倉時代の仏師、定明の作で国指定重要文化財。堂宇はこぢんまりと肩を寄せ合うように建っているが、境内は樹木におおわれ、奇怪な岩石が多く、幽寂な雰囲気を漂わせている。
芭蕉の句碑「木がらしに岩吹き尖る杉間かな」は、本堂前の奇岩の間にある。

禅師峰寺の見どころ

禅師・寺宝・武市半平太(別名瑞山・土佐勤王党を組織した藩士。寺を下った場所に旧宅と墓がある。)

禅師峰寺の年中行事

大般若会
日時:6月17日14時〜

第32番札所 八葉山 求聞持院 禅師峰寺 (はちようざん ぐもんじいん ぜんじぶじ)

宗派:真言宗豊山派
本尊:十一面観世音菩薩
開基:行基菩薩
創建:大同2年(807)
真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

アクセス情報

所在地:〒783-0085 高知県南国市十市3084
電話:088-865-8430
駐車場:普通30台・マイクロバス10台・大型5台(無料)
宿坊:なし
公式HP:なし

高知インターチェンジから、五台山、桂浜方面へ向い、直進し、大平山トンネルを抜けて高知新港の交差点を左折、そのまま直進して禅師峰寺の案内板を右折、禅師峰寺入口の案内板を左折、山道を登るとあります。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら