本尾山 朱雀院 種間寺

第三十四番

【御詠歌】
世の中にまける五穀のたねまでら  
深き如来の大悲なりけり

底抜け柄杓

寺では柄杓の底を抜いて二夜三日の安産祈祷をしたものを、お札を添えて妊婦に授ける。
それを妊婦は床の間に飾り、無事に安産すれば柄杓を寺に納める。※画像1

本尊

肉付きのよいどっしりとした体で、威厳のある表情の薬師如来坐像。国指定重要文化財。※画像2

種間寺の歴史・由来

土佐湾の沿岸は、四国霊場のメッカのようである。種間寺もその一つで、土佐湾の航海に結びついた興味深い縁起が伝えられている。
6世紀のころである。敏達天皇の6年(577)百済の皇子から多くの経論とともに、仏師や造寺工を贈る旨の勅書がとどいた。彼らが渡来したのは用明天皇(在位585〜87)の時代、大阪・四天王寺の造営にあたった。ようやく落慶し、その帰途の航海中であった。土佐沖で強烈な暴風雨におそわれて、種間寺が建つ本尾山にほど近い秋山の港に難を逃れて寄港した。彼らは、海上の安全を祈って約145㎝の薬師如来坐像を彫造し、本尾山の山頂に祀った。これが寺の起源とされている。

その後、200年以上が経過して、唐から帰朝した弘法大師がこの地を訪ねたのは弘仁年間である。大師はその薬師如来像を本尊として安置し、諸堂を建てて開創された。その折に唐からもち帰った種子の米、麦、あわ、きび、豆またはひえの五穀を境内に蒔いたことから、種間寺と名付けたといわれる。
天暦年間(947〜57)には、ときの村上天皇(在位946〜67)が「種間」の勅額を下賜され、また、土佐藩主の山内公からの加護が厚く、広大な田畑や山林を寄贈されており、堂舎の修築も行われている。ただ、やはり廃仏毀釈の難では、容赦がなかった。
本尊は「安産の薬師さん」で、また、底の抜けた柄杓に人気があり、信者が多い。

種間寺の見どころ

底抜け柄杓・本尊・手水鉢(町内最古で町の指定文化財。延宝5年(1677)に造られたもの。)

種間寺の年中行事

本尊御開帳
日時:正月三が日 3月8日

第34番札所 本尾山 朱雀院 種間寺 (もとおざん しゅじゃくいん たねまじ)

宗派:真言宗豊山派
本尊:薬師如来
開基:弘法大師
創建:弘仁年間(810〜824)
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

アクセス情報

所在地:〒781-0321 高知県高知市春野町秋山72
電話:088-894-2234
駐車場:普通70台・大型5台(無料)
宿坊:なし
公式HP:なし

土佐インターチェンジから、国道56号線で春野町方面へ。

⇒ 現在地からのルート案内はこちら