菅生山 大覚院 大寶寺

第四十四番

【御詠歌】
今の世は大悲のめぐみ菅生山  
ついには弥陀の誓いをぞまつ

掘出観音

※画像1

陵権現

後白河天皇の妹宮の遺体を祀るお堂と五輪塔。脳、頭の病気に霊験あらたかと。※画像2

大寶寺の歴史・由来

四十三番明石寺からの道のりは約80㎞、峠越えの難所がつづき、歩けば20時間を超す「遍路ころがし」の霊場。四国霊場八十八ヶ所のちょうど半分に当たり、「中札所」といわれる。標高四90mの高原にあり、境内は老樹が林立し、幽寂な空気が漂う。
縁起は大和朝廷の時代まで遡る。百済から来朝した聖僧が、携えてきた十一面観音像をこの山中に安置していた。飛鳥時代になって大宝元年のこと、安芸(広島)からきた明神右京、隼人という兄弟の狩人が、菅草のなかにあった十一面観音像を見つけ、草庵を結んでこの尊像を祀った。ときの文武天皇(在位697〜707)はこの奏上を聞き、さっそく勅命を出して寺院を建立、元号にちなんで「大寶寺」と号し、創建された。弘法大師がこの地を訪れたのは、およそ120年後で弘仁13年(822)、密教を修法されて、四国霊場の中札所と定められ、これを機に天台宗だった宗派を真言宗に改めた。

仁平2年(1152)、全山を焼失。だが、直後の保元年間(1156〜59)に後白河天皇(在位1155〜58)が病気平癒を祈願して成就され、ここに伽藍を再建し、勅使を遣わして妹宮を住職に任じて勅願寺とした。このときに「菅生山」の勅額を賜り、七堂伽藍の僧堂を備え、盛時には山内に48坊を数えるほどであった。
その後「天正の兵火」で再び焼失、松山藩主の寄進で復興し、江戸中期には松平家の祈願所にもなったが、さらに明治7年には3度目の全焼、火災との苦闘を宿命にした。

大寶寺の見どころ

久万山農民一揆・陵権現・芭蕉塚(芭蕉33回忌の法要を営んだ際に建立されたもの。)

第44番札所 菅生山 大覚院 大寶寺 (すごうざん だいかくいん だいほうじ)

宗派:真言宗豊山派
本尊:十一面観世音菩薩
開基:明神右京・隼人
創建:大宝元年(701)
真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

アクセス情報

所在地:〒791-1205 愛媛県浮穴郡久万高原町菅生1173
電話:0892-21-0044
駐車場:あり(無料)
宿坊:あり(150人・要予約)
公式HP:なし

松山インターチェンジから国道33号線を久万方面へ進みます。久万警察署を過ぎた次の信号で左折、県道12号線を走ります。久万公園前で右折、久万美術館を過ぎたら、左折します。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら