金輪山 勅王院 泰山寺

第五十六番

【御詠歌】
みな人の詣りてやがて泰山寺 
来世の引導たのみおきつつ

土砂加持

 川の氾濫などで命をなくした亡者追善の祈祷などをいう。

不忘の松

 大師堂の側にあったが、いまは切り株だけが残っている。

泰山寺の歴史・由来

泰山寺には、水難で人命を失う悪霊のたたりを鎮めた伝説が根強く残っている。
弘法大師がこの地を訪れたのは弘仁6年のころ。蒼社川という川がこの地方を流れており、毎年梅雨の季節になると氾濫して、田地や家屋を流し、人命を奪っていたため、村人たちは恐れ苦しみ、人取川といって悪霊のしわざと信じていた。この事情を聴いた大師は、村人たちと堤防を築いて、「土砂加持」の秘法を七座にわたり修法したところ、満願の日に延命地蔵菩薩を空中に感得し、治水祈願が成就したことを告げた。

大師は、この修法の地に「不忘の松」を植えて、感得した地蔵菩薩の尊像を彫造して本尊とし、堂舎を建てて「泰山寺」と名づけた。この寺名は、『延命地蔵経』の十大願の第一「女人泰産」からとったと伝えられる。「泰山」にはまた、寺があった裏山の金輪山を死霊が集まる泰山になぞらえ、亡者の安息を祈り、死霊を救済する意味もあるという。
寺はその後、淳和天皇(在位823〜33)の勅願所となり、七堂伽藍を備えて、塔頭に地蔵坊、不動坊など10坊を構えるほどの巨刹として栄えた。だが度重なる兵火により寺の規模は縮小し、金輪山の山頂にあった境内が麓の現在地、大師お手植えの「不忘の松」があったところに移ったと伝えられている。
泰山寺の右約300m「塔の元」という場所は、鎌倉時代の学僧で、『八宗綱要』を撰述した凝然(1240〜1321)が誕生した地とされている。

泰山寺の見どころ

土砂加持・不忘の松・地蔵車(本堂斜め前。石塔に丸い輪があり、これを回すと六道輪廻の絆を断てるといわれる。六道は、地獄・餓鬼など衆生が背負う六つの迷界。)

第56番札所 金輪山 勅王院 泰山寺 (きんりんざん ちょくおういん たいさんじ)

宗派:真言宗単立
本尊:地蔵菩薩(伝弘法大師作)
開基:弘法大師
創建:弘仁6年(815)
真言:おん かかかび さんまえい そわか

アクセス情報

所在地:〒794-0064 愛媛県今治市小泉1-9-18
電話:0898−22-5959
駐車場:あり
宿坊:なし
公式HP:なし

今治インターチェンジから国道196号線を東予市方面へ直進。約500m先の交差点で右折後、直進すると右手に見えてきます。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら