金光山 最勝院 国分寺

第五十九番

【御詠歌】
守護のため建ててあがむる国分寺  
いよいよめぐむ薬師なりけり

本堂・本尊

 本堂は寛政元年(1789)に再建。伝行基菩薩作の本尊・薬師如来像は県指定文化財。

書院

 奈良・平安時代の出土品、平安から室町時代に制作された資料価値の高い絵画、文書類が収蔵されている。

国分寺の歴史・由来

伊予国分寺。伊予の国府があったところで、この地域は伊予文化発祥の地ともいえる。往時の国分寺はいまの寺から150mほど東にあった。東塔跡とみられる遺跡には13個の巨大な礎石があり、国の史蹟とされている。礎石の配置等から推測される七重塔の高さは60mほどで、豪壮な七堂伽藍を構えた寺観は、伊予の仏教界に君臨した天平の昔をしのばせ、その面影をいまに残している。
国分寺は天平13年、聖武天皇(在位724〜49)の勅願により行基菩薩が本尊の薬師如来像を彫造して安置し、開創したと伝えられる。第3世住職・智法律師のとき、弘法大師が長く滞在して「五大尊明王」の画像一幅を奉納、また大師の弟子・真如(?〜862年)も2年間留まり、『法華経』の一部を書写して納められている。

その後の伊予国分寺は、悲運な災禍の歴史に見舞われる。まず、天慶2年(939)の「藤原純友の乱」により灰燼に帰した。次に、元暦元年(1184)源平合戦の戦火による焼失。3度目は南北朝時代の貞治3年(1364)、讃岐・細川頼之の兵火によって焼かれ、さらに4度目は長宗我部元親の「天正の兵火」にかかり、堂塔を焼失している。相次ぐ罹災で寺は荒廃、元禄2年(1689)の寂本著『四國禮霊場記には「茅葺の小堂が寂しく建つのみ」旨が記されている。本格的な復興は江戸時代後期からであった。
幸い寺には、古瓦をはじめ『国分寺文書』『大般若経』など数多い文化財が保存されている。

国分寺の見どころ

本堂・本尊・書院・唐椿(四月初旬には径17cmほどの牡丹に似た花をつけ、楽しませてくれる。)

第59番札所 金光山 最勝院 国分寺 (こんこうざん さいしょういん こくぶんじ)

宗派:真言律宗
本尊:薬師瑠璃光如来
開基:行基菩薩
創建:天平13年(741)
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

アクセス情報

所在地:〒799-1533 愛媛県今治市国分4-1-33
電話:0898-48-0533
駐車場:あり
宿坊:なし
公式HP:なし

今治インターチェンジから国道196号線を東予市を目指して走ります。高市交差点で左折後、直進。県道156号線を右折、約1km走ると左手にあります。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら