石鈇山 福智院 横峰寺

第六十番

【御詠歌】
たて横に峰や山辺に寺たてて  
あまねく人を救ふものかな

本堂

 神社風の権現造り。本尊は伝弘法大師作の大日如来坐像。平安時代の金銅蔵王権現御正体像も祀り、ともに県指定重要文化財。

星供大師

 本堂左手前。右手に剣、左手に星供の巻物を持っている。

横峰寺の歴史・由来

西日本の最高峰・石鎚山(標高1982m)は、山岳信仰の霊地であり、修験道の道場でもある。弘法大師・空海が24歳の若いときの著書『三教指帰』の中で「或時は石峯に跨って粮を絶ち(断食)轗軻(苦行練行)たり」と、この山で修行した様子を記している。境内は石鎚山の山系の北側中腹(750m)にある。四国霊場のうちでは3番目の高地にあり、「遍路ころがし」の最難所であった。昭和59年に林道が完成して、現在は境内から500m離れた林道の駐車場まで車で行き参拝できる。ただし、冬期は12月下旬から2月いっぱい不通となる。大型バスは通行が不可である。
縁起によると、白雉2年、役行者が石鎚山の星ヶ森で修行をしていると、山頂付近に蔵王権現が現れたという。その姿を石楠花の木に彫り、小堂を建てて安置したのが創建とされている。また、延暦年間(782〜806)には石仙仙人という行者が住んでおり、桓武天皇(在位781〜806)の脳病平癒を成就したことから、仙人は菩薩の称号を賜ったと伝えられる。

弘法大師がこの寺で厄除けと開運祈願の星供養の修法をしたのは大同年間(806〜10)とされ、このときやはり蔵王権現が現れたのを感得、堂宇を整備して霊場とした。以来、神仏習合の別当寺として栄えているが、明治新政府の廃仏毀釈令により寺は廃寺となった。明治42年になって、檀信徒の協力によりようやく復興している。

横峰寺の見どころ

本堂・星供大師・石楠花(本堂から大師堂の横の山際一面に植えてある。5月上旬から鮮やかな薄紅色の花が、境内を彩る。)星ヶ森(名勝、山門から約600m、霊峰石鎚山の遥拝所)

横峰寺の年中行事

星まつり
日時:2月3日

花まつり
日時:旧暦4月8日

第60番札所 石鈇山 福智院 横峰寺 (いしづちさん ふくちいん よこみねじ)

宗派:真言宗御室派
本尊:大日如来(伝弘法大師作)
開基:役行者小角
創建:白雉2年(651)
真言:おん あびらうんけん ばざらだどばん

アクセス情報

所在地:〒799-1112 愛媛県西条市小松町石鎚甲2253
電話:0897-59-0142
駐車場:あり
宿坊:なし
公式HP:なし

いよ小松インターチェンジから国道11号線を西条市方面を目指して走ります。氷見交差点を過ぎて県道142号線に右折、バス停横峰登山口で右折。山へ向って進むと正面です。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら