由霊山 慈尊院 三角寺

第六十五番

【御詠歌】
おそろしや三つの角にもいるならば 
心をまろく慈悲を念ぜよ

三角の池

 周囲10数メートル、池のなかに三角形の島があり、弁財天が祀られた小さな堂が建っている。

薬師堂

 疣や魚の目が治るご利益があるといわれる。疣は松かさのようにぽろりと落ち、魚の目には蛸の絵を描いた絵馬を奉納して祈る。蛸の吸盤が魚の目を取るという。

三角寺の歴史・由来

江戸時代の俳人・小林一茶が寛政7年(1795)に訪れたとき、「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠まれただけあって、山内は樹齢3、400年の桜が爛漫となる名所である。伊予最後の霊場で、標高は約360m、平石山の中腹にある静かな境内。
縁起では、聖武天皇(在位724〜49)の勅願によって、行基菩薩が弥勒の浄土を模して具現するために開創したと伝えられる。その後、弘仁6年(815)に弘法大師が訪れ、本尊の十一面観音像を彫造して安置された。さらに、大師は不動明王像も彫られ、三角の護摩壇を築いて21日間、国家の安泰と万民の福祉を祈念して「降伏護摩の秘法」を修法されたという。この護摩壇の跡が庫裡と薬師堂の間にある「三角の池」の中の島として現存し、寺院名の由来ともなっている。また、嵯峨天皇(在位809〜23)の厚い信仰をうけ、寺領300町歩をいただき、七堂伽藍を備えて寺運は隆盛だったと伝えられる。
だが、長宗我部軍の「天正の兵火」に遭い、一部の堂宇を焼失した。現在の本堂が再建されたのは嘉永2年(1849)で、昭和46年に修復されている。

本尊は古くから開運厄除けの観音・安産子安の観音さんとして、信仰を仰いでいる。ご祈祷をうけたお守りと腹帯が授けられ、また、「子宝杓子」といって、子宝に恵まれない夫婦が寺で杓子を授かり、仲良く食事をすると子宝に恵まれると伝えられる。子供を授かった後に、新しい杓子と授かった杓子をもってお礼参りをする。

三角寺の見どころ

三角の池・薬師堂・延命地蔵菩薩立像(昭和52年再建。高さ7m銅造。)

第65番札所 由霊山 慈尊院 三角寺 (ゆれいざん じそんいん さんかくじ)

宗派:高野山真言宗
本尊:十一面観世音菩薩(伝弘法大師作)
開基:行基菩薩
創建:天平年間(729〜749)
真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

アクセス情報

所在地:〒799-0124 愛媛県四国中央市金田町三角寺甲75
電話:0896-56-3065
駐車場:あり
宿坊:なし
公式HP:なし

三島川之江インターチェンジから国道192号線に入ります。徳島方面に向かい、約200mで信号を右折、約4km山道を登ると到着します。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら