巨鼇山 千手院 雲辺寺

第六十六番

【御詠歌】
はるばると雲のほとりの寺に来て
月日を今は麓にぞ見る

五百羅漢像

※画像1

国重要文化財

本尊・千手観音坐像、不動明王像、毘沙門天立像、絹本著色聖衆来迎図などがある。
※画像2は千手観音座像

雲辺寺の歴史・由来

四国霊場のうち最も高い標高911メートル、四国山脈の山頂近くにある霊場で、「遍路ころがし」と呼ばれる難所とされた。現在は、麓からロープウエーで山頂駅まで登ることができる。住所は徳島県だが、霊場としては讃岐の打ち始めでいわば「関所寺」。縁起によると、弘法大師は雲辺寺に3度登っている。最初は延暦8年、大師が16歳のときで善通寺(第七十五番)の建材を求めてであったが、深遠な霊山に心うたれて堂宇を建立した。これが雲辺寺の創建とされている。2度目は大同2年(807)、大師34歳のとき、唐から請来した宝物で秘密灌頂の修法をなされたという。さらに弘仁9年(818・大師45歳)、嵯峨天皇(在位809〜23)の勅を奉じて登り、本尊を彫造して、仏舎利と毘廬遮那法印(仏法石)を山中に納めて七仏供養をし、霊場と定められた。

霊場は、俗に「四国坊」と呼ばれ、四国の各国から馳せ参じる僧侶たちの学問・修行の道場となり、「四国高野」と称されて栄えた。貞観年間(859〜77)には清和天皇(在位858〜76)の勅願寺にもなっている。鎌倉時代は七堂伽藍も整備されて、境内には12坊と末寺8ヶ寺を有した古刹として阿波、伊予、讃岐の関所でもあったという。 天正年間(1573〜92)に土佐の豪族・長宗我部元親がこの地の白地城に陣して雲辺寺に参拝し、裏山から眼下を望み四国制覇を目指したが、当時の住職に諫められた。雲辺寺の歴史にも消長はあるが、江戸時代になってからは阿波藩主・蜂須賀公の手厚い保護をうけた。千古の杉に囲まれ、雲に包まれながら法灯を守っている。

雲辺寺の見どころ

巨鼇・国重要文化財・雲辺寺裏山問答(長宗我部元親と俊崇住職との問答。)・乳銀杏、おたのみなす(境内の片隅、奥まったところにある腰掛け。)・毘沙門天展望館(雲辺寺山の四季を360度眺望が楽しめる。)

第66番札所 巨鼇山 千手院 雲辺寺 (きょごうざん せんじゅいん うんぺんじ)

宗派:真言宗御室派
本尊:千手観世音菩薩(経尋作)
開基:弘法大師
創建:延暦8年(789)
真言:おん ばざらたらま きりく

アクセス情報

所在地:〒778-5251 徳島県三好市池田町白地ノロウチ763
電話:0883-74-0066
駐車場:あり
宿坊:なし
公式HP:なし

大野原インターチェンジから高松市内向きに国道11号線・県道8号線へ。ロープウェイの看板に沿って山道を走れば、雲辺寺ロープウェイ乗り場に到着します。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら