小松尾山 不動光院 大興寺

第六十七番

【御詠歌】
植ゑ置きし小松尾寺を眺むれば
法の教への風ぞ吹きぬる

本堂の「七日燈明」

 本堂で赤い蝋燭を7日間灯し祈祷していただくもの。病気平癒、安産、良縁などのご利益があります。

仁王門

 風堂々とした金剛力士像は仏師として名高い運慶作と伝えられます。

大興寺の歴史・由来

地元では大興寺というより、山号にちなむ「小松尾寺」という呼称が親しまれ、近傍一帯の集落を小松尾と呼ぶ。
縁起によると、天平十四年(742)熊野三所権現鎮護のために東大寺末寺として現在地よりも約1キロ北西に建立され、延暦11年(792)大師の巡錫を仰ぎ、弘仁13年(823)嵯峨聖帝の勅により再興されたと伝えられている。しかしながら、戦国時代末、長宗我部元親の兵火により一部を残してことごとくを焼失、慶長年間(1596〜1615)に再建されたが再び焼亡、本堂は寛保元年(1741)に建立されたものである。

現在の大興寺は真言宗の寺院であるが、往時真言二十四坊天台十二坊が甍を連ね、同じ境内で真言天台二宗が兼学したという珍しい来歴を持つ。そのためか天台宗の影響が大きく、本堂に向かって左側の弘法大師堂とともに、右側に天台宗第三祖智顗を祀る天台大師堂があるという配置にその名残を留めている。また本尊脇侍は不動明王と毘沙門天であるが、不動明王は天台様式である。
香川県の文化財として指定されているのは次の5件である。1つは像高84センチの本尊藥師如來坐像で、平安後期、檜寄木造り、漆箔、伝弘法大師作。鎌倉時代後期建治2年(1276)の銘がある天台大師坐像は檜寄木造り彩色で像高77.4センチ。天台大師の彫像は極めて少ない。弘法大師坐像は近年の調査により天台大師坐像と同じ建治2年の作であることが判明し、文化財として指定された。四国最古の銘のある弘法大師像である。仁王門にある雄渾な二つの金剛力士立像は仏師として名高い運慶の作と伝えられ、像高314センチ。鎌倉初期の作、八十八ヶ所中最大とされる。「大興寺」と記された扁額には文永4年(1267)の年号と「従三位藤原朝臣経朝」の裏書きがある。

大興寺の見どころ

本堂の「七日燈明」・仁王門・参道の榧と楠

第67番札所 小松尾山 不動光院 大興寺 (こまつおざん ふどうこういん だいこうじ)

宗派:真言宗善通寺派
本尊:薬師如来(伝弘法大師作)
開基:弘法大師
創建:天平14年(742)
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

アクセス情報

所在地:〒768-0101 香川県三豊市山本町辻4209
電話:0875-63-2341
駐車場:あり(無料)
宿坊:なし
公式HP:http://www.jit-net.biz/data/komatsuoji/index.html

大野原インターチェンジから高松市内向きに国道11号線・県道240号線・国道377号線を経由して、観音寺市から山本町へ入ります。大興寺の看板を左折して直進、右手に見えてきます。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら