桑多山 明王院 道隆寺

第七十七番

【御詠歌】
ねがいをば仏道隆に入りはてて
菩提の月を見まくほしさに

潜徳院殿堂

 本堂の左裏手。江戸後期の典医・京極左馬造公の墓所で、眼病にご利益があると信仰されている。

観音像

 西国、秩父、坂東の百観音のほか、観音霊場として名高い各地の本尊、水子供養の観音像や交通安全の観音像など255体が建立されている。

道隆寺の歴史・由来

仁王門をくぐると、ブロンズの観音さんがずらりと並んで迎えてくれる。創建ころのこの付近一帯は広大な桑園で、絹の生産地であったようである。縁起によると、和銅5年、この地方の領主、和気道隆公が桑の大木を切り、小さな薬師如来像を彫造し、草堂を建てたのが寺の初めといわれる。道隆公は、周囲5メートル近い桑の大木が、夜ごと妖しい光を放っているのを見た。この光を怪しみ矢を射ると、女の悲鳴があり、乳母が倒れて死んでいた。嘆き悲しんだ道隆公は、その桑の木で仏像を彫り、草堂に安置して供養する。

大同2年(807)、道隆公の子・朝祐公は唐から帰朝した弘法大師に懇願し、弘法大師自ら90センチほどの薬師如来像を彫造、その胎内に父・道隆公の像を納めて本尊とした。
朝祐公は大師から授戒をうけて第2世住職となり、先祖伝来の財産を寺の造営にあてて七堂伽藍を建立、寺名は創建した父の名から「道隆寺」と号した。第3世は弘法大師の実弟にあたる真雅僧正(法光大師)が嗣ついで二十三坊を建立し、第四世の円珍(智証大師)は五大明王、聖観世音菩薩像を彫造して護摩堂を建立、次の第5世聖宝(理源大師)の代には「宝祚祈願所」となっている。高僧が相次いで寺勢は栄えたが、貞元年間(976〜78)の大地震による堂塔の倒壊や、康平3年(1060)の兵火、また「天正の兵火」に遭うなど興亡をくり返しながらも、法灯を守り続けている。

道隆寺の見どころ

潜徳院殿堂・観音像・寺宝(鎌倉時代の絹本著色「星曼荼羅図」は国指定重要文化財。)

道隆寺の年中行事

定例護摩供
日時:1月、5月、9月の各28日・13:00〜
場所:五大明王堂

第77番札所 桑多山 明王院 道隆寺 (そうたざん みょうおういん どうりゅうじ)

宗派:真言宗醍醐派
本尊:薬師如来
開基:和気道隆
創建:和銅5年(712)
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

アクセス情報

所在地:〒764-0022 香川県仲多度郡多度津町北鴨1丁目3番30号
電話:0877-32-3577
駐車場:あり(無料)
宿坊:なし
公式HP:なし

善通寺インターチェンジから多度津町市街地に入ります。県道21号線とのT字路を右折し、JR高架橋を越えて300mほど進めば道隆寺へ。仁王門は道路の反対側にあります。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら