青峰山 千手院 根香寺

第八十二番

【御詠歌】
宵の間の妙降る霜の消えぬれば
後こそ鉦の勤行の声

五大尊像

納経所左。弘法大使の開基ゆかりの五大明王。不動明王、降三世夜王、軍茶利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王
※画像1

牛鬼の像

山門近くの茂み内。伝説に出てくる牛鬼が鬼気迫る面持ちで建っています。※画像2

根香寺の歴史・由来

五色台の主峰、青峰山に佇ずむ、かつての巨刹。五つの山に金剛界曼荼羅の五智如来を感じた弘法大師は、密教修行の地とし青峰に「花蔵院」を建立されました。後に大師の甥にあたる智証大師が訪れた際、山の鎮守である一之瀬明神に出会い、「この地にある毘沙門谷、蓮華谷、後夜谷に道場を作り、蓮華谷の木で観音像を作りなさい」というお告げをうけました。智証大師は蓮華谷の木で千手観音像を彫造し、「千手院」を建て安置しました。この霊木の切り株から芳香を放ち続けたことから「花蔵院」、「千手院」を総称して根香寺と名づけられたといわれます。根香寺は後白河天皇の帰依も厚く隆盛を極めました。後に、高松藩主らにより再興され、この時に天台宗へ改宗されました。

寺には次のような伝説があります。昔、青峰山には人間を食べる恐ろしい怪獣、牛鬼が棲んでいました。村人は、弓名人山田蔵人高清に頼み退治してもらうことしました。しかし、高清が山へ入れど、なかなか牛鬼が現れません。そこで高清は根香寺の本尊に願をかけました。すると21日目の満願の暁に、牛鬼が現れ口の中に矢を命中。逃げる牛鬼を追うと2kmほど西の定ヶ渕で死んでいるのを発見しました。高清は牛鬼の角を切り寺に奉納。その角は今でも寺に保存されています。また牛鬼の絵は魔よけのお守りとして親しまれています。

根香寺の見どころ

五大尊像・牛鬼の像・万体観音(本堂前の凹字型回廊に、全国の信者が奉納した約三万三千体の観音像が並んでいます。)

第82番札所 青峰山 千手院 根香寺 (あおみねさん せんじゅいん ねごろじ)

宗派:天台宗
本尊:千手観世音菩薩
開基:弘法大師、智証大師
創建:弘仁年間(810〜824)
真言:おん ばざらたらま きりく そわか

アクセス情報

所在地:〒761-8004 香川県高松市中山町1506
電話:087-881-3329
駐車場:あり(無料)
宿坊:なし
公式HP:なし

高松西インターチェンジから五色台方面へ、標識に沿って県道180号線を進むと山門前につきます。
⇒ 現在地からのルート案内はこちら