四国八十八ヶ所霊場紹介 愛媛県(伊予)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 愛媛県の霊場 >> 平城山 薬師院 観自在寺

心願や自在の春に花咲きて  
浮世のがれて住むやけだもの

平城山 薬師院 観自在寺

観自在寺の歴史・由来

愛媛県は「菩提の道場」。その最初の霊場で、一番霊山寺からもっとも遠くにあり、「四国霊場の裏関所」とも呼ばれる。寺があるこの町は、美しいリアス式海岸の宇和海に面した最南端で、海洋レジャーの基地、真珠の生産地としても知られる足摺宇和海国立公園の景観を存分に楽しむことができる。
縁起をひも解くと、弘法大師が大同2年に平城天皇(在位806〜09)の勅命を受けてこの地を訪れ、1本の霊木から本尊の薬師如来と脇侍の阿弥陀如来、十一面観音菩薩の三尊像を彫造して安置し、開創したとされている。このとき、残った霊木に「南無阿弥陀仏」と6字の名号を彫り、舟形の宝判を造って庶民の病根を除く祈願をなされた。

平城天皇はまた、勅額「平城山」を下賜し、次の嵯峨天皇(在位809〜23)とともに親しく行幸され、御朱印を下されて『一切経』と『大般若経』を奉納し、毎年勅使を遣わして護摩供の秘法を修された。こうしたことから、この地方を「御荘」と称し、また勅額の山号に因んで「平城」とも呼ぶようになっている。
寛永15年(1638)、京都・大覚寺の空性法親王が四国巡拝の折に宿泊され、「薬師院」の院号を授かっている。このころは七堂伽藍がそびえ、末寺48坊、寺領二千数百石という隆盛を誇っていたという。だが、火災によりすべての堂塔を焼失、その後は宇和島藩主・伊達家の祈願所として旧観の回復につとめ、法灯を守っている。

観自在寺の見どころ

本尊と脇侍

仁王門

2度の災難を奇跡的に逃れ、本堂に安置されている。

「南無阿弥陀仏」の名号宝判

晒し木綿の布に刷り写した御守。厄除けや安産、病気平癒に霊験あらたかといわれる。

本堂

昭和39年、全国の信徒の浄財だけで再建。

大師堂

平成5年、総檜の宝形造りで、回廊では四国八十八ヶ所のお砂踏ができる。

観自在寺の年中行事

縁日

日時:旧10月21日

観自在寺へのアクセス

  • JR宇和島駅から国道56号線を高知県室戸市方面へ。御荘町のホテルサンパールを過ぎ、2つ目の信号を左へ。

第40番札所 平城山 薬師院 観自在寺 へいじょうざん やくしいん かんじざいじ


▲境内案内図
宗 派: 真言宗大覚寺派
本 尊: 薬師如来(伝弘法大師作)
開 基: 弘法大師
創 建: 大同2年(807)
真 言: おん ころころ せんだり
まとうぎ そわか
住 所: 〒798-4110
愛媛県宇和郡愛南町御荘平城2253-1
電 話: 0895-72-0416
駐車場: 山門下:普通20台
小学校前:普通10台・マイクロバス5台・大型3台
各終日
宿 坊: あり(40人・要予約)
URL: http://www.kanjizaiji.com/