四国八十八ヶ所霊場紹介 愛媛県(伊予)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 愛媛県の霊場 >> 東山 瑠璃光院 繁多寺

よろずこそ繁多なりとも怠らず  
諸病なかれと望み祈れよ

東山 瑠璃光院 繁多寺

繁多寺の歴史・由来

寺は松山城をはじめ、松山の市街、瀬戸内海まで一望できる高台にあり、のどかな風情の境内周辺は、美しい自然の宝庫として景観樹林保護地区に指定されている。
縁起によると、天平勝宝年間に孝謙天皇(在位749〜58)の勅願により、行基菩薩がおよそ90cmの薬師如来像を彫造して安置し、建立したと伝えられ、「光明寺」と号された。弘仁年間(810〜24)、弘法大師がこの地を巡錫し、寺に逗留された際に「東山・繁多寺」と改め、霊場とされた。
その後、寺は衰微するが伊予の国司・源頼義や僧・堯蓮らの援助で再興、弘安2年(1279)には後宇多天皇(在位1274〜87)の勅命をうけ、この寺で聞月上人が蒙古軍の撃退を祈祷している。また、時宗の開祖・一遍上人(1239〜89)が青年期に、太宰府から伊予に帰郷した際、有縁の寺に参籠して修行した。上人は晩年の正応元年(1288)、亡父・如仏が所蔵していた『浄土三部経』をこの寺に奉納されている。

また、天皇家の菩提寺である京都・泉涌寺とのゆかりも深く、応永2年(1395)には後小松天皇(在位1382〜1412)の勅命により泉涌寺26世・快翁和尚が、繁多寺の第7世住職となっている。こうした縁から寺には16弁のご紋章がついた瓦が残っている。
さらに江戸時代には徳川家の帰依をうけ、四代将軍・家綱が念持仏としていた3体のうちの歓喜天を祀るなど、寺運は36坊と末寺100数余を有するほどの大寺として栄えた。

繁多寺の見どころ


鐘つき堂
一遍上人

伊予の名門、河野通広の次男として生まれ、
10歳のとき出家、のち全国を行脚し
「遊行上人」「捨聖」と呼ばれた。

歓喜天像

本堂左手の聖天堂に安置。祈れば富貴を与え、
厄除け、夫婦和合、商売繁盛などのご利益があるという。

接待一万人の石柱

山門前にある寺名の石柱裏側。
10,000人のお遍路接待を成就した記念碑。

繁多寺の年中行事

花まつり(甘茶接待)

日時:4月8日

地蔵盆(子供相撲大会)

日時:8月24日

歓喜天縁日

日時:毎月16日

歓喜天大般若祈祷会

日時:1月16日、8月16日

繁多寺へのアクセス

  • 松山インターチェンジから国道33号線を松山市街へ。天山交差点を右折し、環状線に入ります。枝松交差点を越えた一つ目の交差点を右折し、約1km走ります。バス停畑寺を越えてさらに600m入ると正面にあります。

 

第50番札所 東山 瑠璃光院 繁多寺 ひがしやま るりこういん はんたじ


▲境内・駐車場案内図
宗 派: 真言宗豊山派
本 尊: 薬師如来
開 基: 行基菩薩
創 建: 天平勝宝年間(749〜757)
真 言: おん ころころ せんだり
まとうぎ そわか
住 所: 〒790-0912
愛媛県松山市畑寺町32
電 話: 089-975-0910
駐車場: 普通5台・マイクロバス1台・大型1台
終日・無料
宿 坊: なし