四国八十八ヶ所霊場紹介 愛媛県(伊予)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 愛媛県の霊場 >> 作礼山 千光院 仙遊寺

たちよりて作礼の堂にやすみつつ  
六字を唱え経を読むべし

作礼山 千光院 仙遊寺

仙遊寺の歴史・由来

境内は、山号になっている作礼山の山頂近い標高300mの高台にあり、今治の市街地や四国一高い今治国際ホテルは眼下に望める。その先には瀬戸内海に浮かぶ島々、さらには平成11年に開通した「しまなみ海道」も一望できる眺望豊かな地にある。
創建は天智天皇(在位668〜71)の勅願により、伊予の国主・越智守興公が堂宇を建立、本尊の千手観音菩薩像は天皇の念持仏として、海から上がってきた竜女が一刀三礼しながら彫って安置したとされる。このことから「作礼山」が山号となり、竜宮から届けられたという伝説もある。

さらに仙遊寺には、阿坊仙人という僧が40年にわたって籠り、七堂伽藍を整えるなどをしたが、養老2年(718)に忽然と姿を消してしまったという伝説が残っている。寺名はその阿坊仙人に由来している。
弘法大師が四国霊場開創の折にこの寺で修法をされたとき、病に苦しむ人々を救済しようと井戸を掘り、また荒廃していた七堂伽藍を修復して再興、寺運は興隆した。この井戸は旧参道の脇に残り、「お加持の井戸」として多くの諸病を救ったと伝えられ、信仰されている。
江戸時代には荒廃して本堂と12社権現だけとなっていたが、明治時代の初期、高僧・宥蓮上人が山主となり、多くの信者とともに再興に尽力した。宥蓮上人は明治4年、日本最後の即身成仏として入定している。境内には、上人を供養した五輪塔がある。

仙遊寺の見どころ

竜燈桜碑

伝説の竜女は海に帰ったが、旧暦7月9日になると毎年川を上って
竜燈を境内の桜の木にかけたと伝わる。その桜の跡に立っている石碑。

犬塚池

文化4年(1807)に完成した溜池で、仙遊寺と栄福寺の使い役をした犬の供養池。

仙遊寺の年中行事

修正会、初祈祷会

日時:1月1日

新年祈祷会

日時:三が日

厄飛ばし柴燈大護摩供法会

日時:1月第二日曜日

大般若会

日時:1月17日

節分会

日時:2月3日

伊予府中21ヶ所お接待日

日時:旧1月5日

新入社員研修を多く開催(JAなど)

日時:3月下旬

桜満開

日時:4月初旬

花祭り

日時:4月8日

弘法大師御影供

日時:4月29日

子供練成会

日時:7月末

四万六千日大法会(夏祭り)

日時:8月9日の直近日曜日

お盆の迎え火、お盆参り

日時:8月13日

お盆の送り火

日時:8月16日

モミジ見ごろ

日時:11月中旬

餅つき大会

日時:12月下旬

大晦日、除夜の鐘

日時:12月31日

写経会

日時:毎月第一金曜日

お接待日(足湯あり)

日時:毎月第三日曜日

護摩会(足湯あり)

日時:毎月21日

巡拝会

日時:毎月一度

お花教室(予定)

日時:毎月第一日曜日

空手教室

日時:毎週水、金、日

朝勤行、法話

日時:毎朝6時

仙遊寺へのアクセス

  • 今治インターチェンジから国道196号線・317号線を玉川町方面へ向い、バス停大須木で左折、山道を進むと正面にあります。

 

第58番札所 作礼山 千光院 仙遊寺 されいざん せんこういん せんゆうじ


▲境内案内図
宗 派: 高野山真言宗
本 尊: 千手観世音菩薩
開 基: 越智守興
創 建: 七世紀後半
真 言: おん ばざらたらま きりく
住 所: 〒794-0113
愛媛県今治市玉川町別所甲483
電 話: 0898-55-2141
テレホン法話 0898-55-3928
駐車場: 普通30台(400円)
マイクロバス4台(1,000円)
大型4台(2,000円)
宿 坊: あり(100人・予約必要)

弘憲小僧の仙遊寺あれこれ

仙遊寺の歴史
古代の仙遊寺 その一

寺伝によると、仙遊寺は天智天皇(626〜在位661〜672)の勅願により創建されたといわれています。実際に地元で指揮を執ったのが当時の国守であった越智守興(おちもりおき)。作礼山の頂上付近に堂宇を建立したのが始まりといわれています。(仙遊寺のある作礼山の麓に越智守興をまつった神社があります)

天智天皇はご承知の通り、斉明天皇の皇太子で乙巳の変(いっしのへん)・大化の改新で有名な中大兄皇子です。中大兄皇子は百済の要請により母の斉明天皇ともに都を発ち、663年に朝鮮半島に渡り、新羅・唐の連合軍と戦いました。(白村江の戦い)。
この進軍の際に伊予にも立ち寄り、道後温泉付近に滞在し、温泉にも入ったと言い伝えられています。(斉明天皇は遠征の途中の九州筑紫で亡くなった)
その後、白村江の戦いで大敗をした中大兄皇子は、朝鮮半島からの追撃に備えて筑紫に太宰府を築いて防衛線を張り、対馬、九州北部、瀬戸内海沿岸、生駒山地、近江に至るまで、点々と朝鮮式山城を造営しました。

仙遊寺のある高縄半島は、瀬戸内海の要所である来島海峡があり、朝鮮式山城(古代城)の永納山城が築かれています。また近辺にはかつて延命寺があった近見山のほか、海山、唐子山、世多田山などもあり、当時の防衛拠点と考えられています。
眺望に優れた作礼山も当時の防衛の拠点としての関連性が疑えます。頂上には天智天皇ゆかりの五輪塔も残されています。
作礼山から瀬戸内海を眺めると、はるか遠い古代の出来事にも思いを馳せることができます。

古代の仙遊寺 そのニ

寺伝によると、仙遊寺には阿坊仙人という修行僧が、養老ニ年(716)までの40年間住んでおり、諸堂を整えたと伝えられています。その後、阿坊仙人はなぜかこつ然と姿を消してしまいます。その様子はまるで雲と遊ぶかのようだったとのこと。この修行僧の話が代々受け継がれていき、「せんゆう」寺の「仙遊」に充てられたと言われています。

この話は伝承で、事実であるかどうかは分かりませんが、もしその存在と養老2年(716)という年代を信じるなら、阿坊仙人が住み始めたのは(676)年ごろで、前述の中大兄皇子(天智天皇)が大敗をした白村江の戦いから13年後、壬申の乱(672)から4年後ということになります。
唐が690年に一時的に滅ぶまで、侵攻の不安が残り、古代城や仙遊寺の整備が進められたとすると、阿坊仙人が住み始めたのは、ちょうどそのころだったはずです。ひょっとすると阿坊仙人は新羅・唐の連合軍に負けて朝鮮半島から逃げてきた、元百済人だったのかもしれませんね。
まったくの想像ですが、敗戦と共に20才ごろ倭(後の日本)に渡ってきたとすると、33才ごろ仙遊寺に住み始め、73才で行方不明になる。なんとなく歴史的事実と符合しませんか。

仙遊寺に残る伝承を元に想像するだけでもロマンが広がります。

中世の仙遊寺 その一

仙遊寺の本尊は千手観世音菩薩です。様式などから推定すると平安時代末ぐらいの作とされています。
この制作には興味深い伝承が残っています。昔、竜女が海から竜登川を伝って作礼山に登り、立派な観音様を作りました。竜女が一刀刻むごとに三度礼拝し、何日もかけたということです。出来上がると竜女は再び竜登川を伝って海に帰りました。その後、毎年旧暦の7月9日になると、決まったように竜燈が竜登川を伝って作礼山を登り、仙遊寺にある桜の木にかかったといわれています。

この伝承は海洋信仰と観音信仰の結びつきをよく現わしています。
観音信仰でよく聞かれるのは海中から引き上げられる観音像の話で、ついで嵐で難破しそうになった船を救う観音様の話ですが、仙遊寺の場合も海から竜女が川を溯って本尊を刻むという海との関係の深さを表すものとなっています。とくに竜燈は、船にとっては現代の灯台と同じもので、とても大切なものです。
古代の修験道では、修験者が海の見える山頂から海を礼拝したので、仙遊寺に竜女伝説が残っているのも納得できる話ですね。

中世の仙遊寺 そのニ

仙遊寺に残されていた「仙遊寺文書」を見ると、中世の伊予を治めていた河野氏の書状などが多く、また水軍で名を馳せた村上通総の名前もみえるので、地元の実力者の拠点となっていたことが分かります。土地の安堵状や、寄進状、奉書、などが主な内容です。

中世の寺院は、戦の拠点ともなっていました。政教分離が浸透してくる近世以降、寺院で戦闘が行われることは稀ですが、未分化の中世では、武士や庶民の区別なく砦や寺院などに集まり、総出で戦闘が行われていたようです。(そのため寺院は、しばしば戦闘に巻き込まれ放火されて焼失した。)
仙遊寺の場合もそのような状況であったようで、作礼山山頂には城(砦)があったとの記録が残っています。

地域を二分した平家と源氏の戦いや、南朝、北朝に分かれて戦いが行われた時代もあり、当時はかなり混乱したことでしょう。
また、その後の戦国時代には、地域の内乱や他国からの侵攻、とくに瀬戸内海を牛耳る村上水軍の動きが活発になっていきます。
地域の重要な拠点だった作礼山にある仙遊寺も、様々な歴史の渦に巻き込まれ、乗り越えてきたことが分かります。

近世の仙遊寺 その一

ようやく戦国時代も終わり平穏な時代が訪れた江戸時代。四国の街道やへんろ道の整備も本格的に行われるようになりました。仙遊寺にも江戸時代の石造物が多数残されています( 仙遊寺の古い石造物マップ )。風化してしまい年代の特定できないのが残念です。
また、江戸時代の仙遊寺の絵図も残っています。古いものは元禄2年(1689)に発行された「四国偏礼霊場記」の「作礼山圖」です。
これを見ると、現在、本堂のある山頂だけでなく、中腹にもお寺があることがわかります。この当時は山頂と中腹とニ箇所に分かれていたのでしょうか。
幕末に近い寛政12年(1800)にまとめられた「四国遍礼名所図絵」の「作禮山」では、山頂には同じく本堂がありますが、中腹にあるのは庫裡のような建物のようです。山頂の建物と庫裡が茅葺きになっているのに興味がそそられますね。(現在、お寺の中腹の建物は存在していませんが、敷地と思われる場所が残っています)

近世の仙遊寺 そのニ

江戸末期から明治にかけて、宥蓮上人という高僧が山主となりました。上人は人望にあふれ多くの信者が仙遊寺に集いました。
宥蓮上人は明治4年(1871)に仙遊寺で入定(生きたまま土中に埋まり永遠の禅定に入ること)しました。
衆生済度の思いをこの世に残すためのものでしたが、幕末から明治にかけて社会の大きな転換点で、慶応4年には明治政府による「神仏分離令」の発令や、明治3年に出された詔書「大教宣布」による「廃物稀釈」が盛んになった時代背景を考えると、上人の思いはどんなものだったのでしょうか。
当時はすでに明治政府により入定は禁止されていましたが、それをおしての行為でした。上人の入定は日本で最後の入定といわれています。

現代の仙遊寺

仙遊寺は昭和22年(1947)にあった山火事により、本堂ほか全焼してしまいました。その際に前述の「仙遊寺文書」も消失してしまいしたが、幸いなことに焼失前に東京大学により原本が撮影されており、写真としてみることが出来ます。また、近所の人の協力により、御本尊、大師像は救われて焼失をまぬがれました。
その後、昭和28年(1953)に本堂が、昭和33年に大師堂が再建されました。
また昭和中頃には車道が建設され、本堂の裏までクルマで登れるようになりました。平成にはいり山門、宿坊を供えた壇信徒会館が整備され、現在に至っています。