四国八十八ヶ所霊場紹介 愛媛県(伊予)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 愛媛県の霊場 >> 密教山 胎蔵院 吉祥寺

身の中の悪しき悲報を打ちすてて
みな吉祥を望み祈れよ

密教山 胎蔵院 吉祥寺

吉祥寺の歴史・由来

東西に走る国道11号線と、JR予讃線に挟まれて所在する。かつては塔頭21坊の伽藍を誇った大寺域は、やはり近代化された道路と鉄道によって狭められた。四国霊場の中で、本尊を毘沙聞天とする札所は吉祥寺だけで、その縁起をたどる。
弘法大師がこの地方を巡教したのは弘仁年間とされ、その折に大師は1本の光を放つ檜を見つけ、一帯に霊気が満ちているのを感得した。大師は、この霊木で本尊とする毘沙聞天像を彫造、さらに脇侍として吉祥天像と善膩師童子像を彫って安置し、貧苦からの救済を祈願して堂宇を建立したのが開創と伝えられている。
そのころの寺は、現在地より南東にあたる坂元山にあり、広い寺域に塔頭を21坊ほども有していた。だが、天正13年(1585)豊臣秀吉による四国攻めの争乱に巻き込まれて全山を焼失されている。その後、江戸時代の万治2年(1659)、末寺であった檜木寺と合併して、現在の地に移り再建されたと伝えられる。

寺宝に「マリア観音像」(非公開)がある。高さが30cmほど、純白の美しい高麗焼の像だが、伝来の由縁が興味深い。土佐沖で難破したイスパニア船の船長が、長宗我部元親に贈ったもので、元親はマリア像とは知らず、吉祥天のように美しい観音像として代々伝えられ、徳川幕府のキリスト教禁令にも難を逃れている。寺にはほかに鎌倉時代の「十二天屏風」、室町時代の「山越阿弥陀三尊像」(紙本著色)などが保存されている。

吉祥寺の見どころ

毘沙聞天

成就石

四天王のうちの「多聞天」で、寺では七難即滅、七福即生と「米持ち大権現」として信仰されている。

成就石

本堂の手前にある高さ1mほどの石で、中央下に径30〜40cmの穴があり、金剛杖を通せば願いが叶えられるという。

くぐり吉祥天女

貧苦を取り除き、富貴財宝を授かるという。

吉祥寺の年中行事

毘沙門天初会式(護摩供)

日時:1月3日

花まつり(甘茶接待)

日時:旧4月8日

吉祥寺へのアクセス

  • いよ小松インターチェンジから国道11号線を西条市方面へ、氷見小前交差点を過ぎてすぐの左手にあります。

 

第63番札所 密教山 胎蔵院 吉祥寺 みっきょうざん たいぞういん きちじょうじ


▲境内案内図
宗 派: 真言宗東寺派
本 尊: 毘沙聞天
開 基: 弘法大師
創 建: 弘仁年間(810〜824)
真 言: おん べいしらまんだや そわか
住 所: 〒793-0072
愛媛県西条市氷見乙1048
電 話: 0897-57-8863
駐車場: 境内内駐車場・無料
民営駐車場 普通5台(300円)
大型5台(1,000円)・午前7時〜午後5時
宿 坊: なし