四国八十八ヶ所霊場紹介 香川県(讃岐)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 香川県の霊場 >> 南面山 千光院 屋島寺

梓弓屋島の宮に詣でつつ
祈りをかけて勇む武夫

南面山 千光院 屋島寺

屋島寺の歴史・由来

屋島は高松市の東、標高293メートルの火山台地の半島で、那須与一の扇の的や義経の弓流しなどで有名な源平合戦の古戦場の史蹟で知られる。屋島寺はその南嶺にある。屋島寺は、天平勝宝のころ鑑真和上によって開創されたと伝えられる。鑑真和上は唐の学僧で、朝廷からの要請をうけ5度にわたって出航したが、暴風や難破で失明、天平勝宝5年(753)に苦難のすえ鹿児島に漂着した。翌年、東大寺に船で向かう途次、屋島の沖で山頂から立ちのぼる瑞光を感得され、屋島の北嶺に登った。そこに普賢堂を建てて、持参していた普賢菩薩像を安置し、経典を納めて創建されたという。のち和上の弟子で東大寺戒壇院の恵雲律師が堂塔を建立して精舎を構え、「屋島寺」と称し初代住職になった。

弘仁6年(815)、弘法大師は嵯峨天皇(在位809〜23)の勅願を受けて屋島寺を訪ね、北嶺にあった伽藍を現在地の南嶺に移し、また十一面千手観音像を彫造し、本尊として安置した。以後、大師は屋島寺の中興開山の祖として仰がれている。屋島寺はまた、山岳仏教の霊場としても隆盛し、天暦年間(947〜57)には明達律師が訪ねて四天王像を奉納された。現在の本尊・十一面千手観音坐像はこのころに造られており、国指定重要文化財になっている。やはり国指定重要文化財の本堂は鎌倉時代に造営されているが、寺運は戦乱によって衰退する。だが、国主・生駒氏の寺領寄進や、歴代藩主の援助により相次いで修築され、鎌倉・江戸時代の風格を現代に伝えている。

屋島寺の見どころ


蓑山大明神
梵鐘

鎌倉時代の作で、「平家供養の鐘」といわれる。国指定重要文化財。

宝物館

本堂左手前の近代的な美術館。本尊をはじめ、源平盛衰記絵巻物、「源氏の白旗」、屋島合戦屏風など豊富な寺宝が保存・展示されている。

蓑山大明神

本堂の右。四国狸の総大将「太三郎狸」と呼ばれる土地の氏神。子宝、縁結びや家庭円満などの神さま。

屋島寺へのアクセス

  • 高松西インターチェンジから国道11号線南バイパス・国道11号線を東へ。マクドナルドのある交差点を左折しドライブウェイのゲートに着きます。

 

第84番札所 南面山 千光院 屋島寺 なんめんざん せんこういん やしまじ


▲境内案内図
宗 派: 真言宗御室派
本 尊: 十一面千手観世音菩薩
開 基: 鑑真和上
創 建: 天平勝宝年間(749〜756)
真 言: おん ばさら たらま きりく
住 所: 〒761-0111
香川県高松市屋島東町1808
電 話: 087-841-9418
駐車場: ドライブウエー通行料
(駐車料、時間制限なし)
普通340台(610円)     
マイクロバス(1530円)   
大型 (2450円)
宿 坊: なし