四国八十八ヶ所霊場紹介 高知県(土佐)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 高知県の霊場 >> 独鈷山 伊舎那院 青龍寺

わずかなる泉にすめる青龍は  
仏法守護の誓いとぞきく

独鈷山 伊舎那院 青龍寺

青龍寺の歴史・由来

青龍寺を遍路するときは、「宇佐の大橋」を渡る。昭和48年に橋が開通するまでは、浦ノ内湾の湾口約400mを船で渡った。弘法大師も青龍寺を創建するさいに、この湾を船で渡っていた。お供をした8人を残している。その子孫が「竜の渡し」というこの渡し船を、近年まで代々守り続けてきたと伝えられている。
弘法大師が唐に渡り、長安の青龍寺で密教を学び、恵果和尚から真言の秘法を授かって真言第八祖となられ、帰朝したのは大同元年(806)であった。縁起では、大師はその恩に報いるため日本に寺院を建立しようと、東の空に向かって独鈷杵を投げ、有縁の勝地が選ばれるようにと祈願した。独鈷杵は紫雲に包まれて空高く飛び去った。

帰朝後、大師がこの地で巡教の旅をしているときに、独鈷杵はいまの奥の院の山の老松にあると感得して、ときの嵯峨天皇(在位809〜23)に奏上した。大師は弘仁6年、この地に堂宇を建て、石造の不動明王像を安置し、寺名を恩師に因み青龍寺、山号は遙か異国の地から放った「独鈷」を名のっている。
明治のころまで土佐7大寺といわれ、末寺四ヶ寺、脇坊六坊をもつ名刹であった。また、本尊の波切不動明王像は大師が入唐のさい、暴風雨を鎮めるために現れたと伝えられ、いまも航海の安全や豊漁、世間の荒波をも鎮めてくれると、深く信仰されている。

青龍寺の見どころ

愛染明王坐

三重塔

木造、本堂に安置。国の重要文化財。
不動明王像と一対に祀られ、
苦しみのすべてを救いとってくれるという。

奥の院

境内から南約600m、横波半島突端の太平洋に
落ちそうな所にある。
石造の不動明王像が祀られ、長年女人禁制であった。

横浪県立自然公園

北側は浦ノ内湾、南には雄大な太平洋の景観を楽しめる。

青龍寺へのアクセス

  • 伊野インターチェンジから、国道33号線、県道39号線を通り、土佐市宇佐町へ。県道23号線・県道47号線を海沿いに走り、バス停留所を右折します。

 

第36番札所 独鈷山 伊舎那院 青龍寺 とっこうざん いしゃないん しょうりゅうじ


▲境内案内図
宗 派: 真言宗豊山派
本 尊: 波切不動明王
開 基: 弘法大師
創 建: 弘仁6年(815)
真 言: のうまくさんまんだ ばざらだん
せんだ まかろしゃだ そわたや
うんたらた かんまん
住 所: 〒781-1165
高知県土佐市宇佐町竜163
電 話: 088-856-3010
駐車場: 普通20台・無料
近くに約30台収容の有料駐車場がある 
宿 坊: なし