四国八十八ヶ所霊場:公式携帯サイト

遍路心得[遍路用品]
遍路姿
図のような白装束が基本です。(少し略される方は洋服の上に白衣と輪袈裟を着け、白の靴でも良いでしょう。)
袈裟は必ず着用し、杖、念珠そして納経帳も必ず持ちましょう。
洋服でお参りの方も、上から「南無大師遍照金剛」とお大師さまのご宝号が書かれた白衣を着けましょう。
衣装を整える事でお参りに対する気持ちや、心構えが、随分と変わるものです。
金剛杖(こんごうづえ)
古来より道中の歩みを助けてくださる金剛杖は、お大師さまの象徴(お大師さまそのもの)として考えられてきました。道中の精神的な支柱となります。また、橋の上では杖をつかない慣習があります。
架娑(けさ)
法衣である袈裟を仏さまをお参りする際は着用しましょう。(図は輪袈裟)
輪袈裟をつけてお参りされている方が一般的です。
袈裟には、たくさんの種類がございますので、霊場(札所)または菩提寺にご指導をうけるのが好ましいでしょう。
念珠(ねんじゅ)
数珠(じゅず)ともいいます。袈裟同様、仏さまをお参りする際は必ず持ちましょう。 念珠にもたくさんの種類がございますので、霊場(札所)または菩提寺にご指導をうけるのが好ましいでしょう。
経本(きょうほん)
遍路をするということは、各札所のご本尊さまとお大師さまにお経を奉納することです。 経本は忘れずにお持ちになってお参りをしましょう。
頭陀袋(ずたぶくろ)
修行時に用いる袋ことです。サンヤ袋ともいいます。納経帳、経本等お参りに必要な物をいれます。
鈴(れい・すず)
鈴は昔から道中安全や魔除けのためにつけられていました。現在では、鈴の音はお遍路さんの代名詞になっています。
札ばさみ(いたばさみ)
納札をいれておく箱です。袋や板状のものもあります。

[次のページへ→]
共通メニュー
トップページ
◎イベント情報
イベント情報
ご開創1200年
◎四国八十八ヶ所霊場紹介
徳島の霊場紹介
高知の霊場紹介
愛媛の霊場紹介
香川の霊場紹介
◎遍路心得
遍路基礎知識
遍路心得・注意点
札所参拝手順
読経方法
遍路用品

↑ページのトップに戻る


お問い合わせ先

四国八十八ヶ所霊場会

TEL:(0877)56-5688
FAX:(0877) 56-5689


Copyright (C) 2010- 四国八十八ヶ所霊場会 All Rights Reserved.