四国八十八ヶ所霊場 遍路心得

文字の大きさを変更

トップページ >> 遍路心得 >> 遍路用品

遍路用品

遍路姿

図のような白装束が基本です。(少し略される方は洋服の上に白衣と輪袈裟を着け、白の靴でも良いでしょう。)
袈裟は必ず着用し、杖、念珠そして納経帳も必ず持ちましょう。
洋服でお参りの方も、上から「南無大師遍照金剛」とお大師さまのご宝号が書かれた白衣を着けましょう。
衣装を整える事でお参りに対する気持ちや、心構えが、随分と変わるものです。


金剛杖(こんごうづえ)

古来より道中の歩みを助けてくださる金剛杖は、お大師さまの象徴(お大師さまそのもの)として考えられてきました。道中の精神的な支柱となります。また、橋の上では杖をつかない慣習があります。


架娑(けさ)

法衣である袈裟を仏さまをお参りする際は着用しましょう。(図は輪袈裟)
輪袈裟をつけてお参りされている方が一般的です。
袈裟には、たくさんの種類がございますので、霊場(札所)または菩提寺にご指導をうけるのが好ましいでしょう。


念珠(ねんじゅ)

数珠(じゅず)ともいいます。袈裟同様、仏さまをお参りする際は必ず持ちましょう。
念珠にもたくさんの種類がございますので、霊場(札所)または菩提寺にご指導をうけるのが好ましいでしょう。


経本(きょうほん)

遍路をするということは、各札所のご本尊さまとお大師さまにお経を奉納することです。
経本は忘れずにお持ちになってお参りをしましょう。


頭陀袋(ずたぶくろ)

修行時に用いる袋ことです。サンヤ袋ともいいます。納経帳、経本等お参りに必要な物をいれます。


鈴(れい・すず)

鈴は昔から道中安全や魔除けのためにつけられていました。現在では、鈴の音はお遍路さんの代名詞になっています。


札ばさみ(いたばさみ)

納札をいれておく箱です。袋や板状のものもあります。


納札(おさめふだ)

遍路修行の証として、本堂と大師堂の納札箱へ納めます。
また遍路途中でご接待を受けるとそのお礼として納礼を渡す慣習があります。
遍路回数によって札の色を変える慣習もあります。
四国八十八ヶ所霊場会では、50回以上遍路を成満した公認先達の皆様には金の納札をお授けしております。


納経帳(のうきょうちょう)

お経を納めた証にいただくお納経(ご朱印)のための帳面。
納経帳は一回だけでなく重ね印といい、お参りするたびに二回、三回と同じ納経帳にご宝印(ご朱印)をいただきます。
この納経帳は古来より礼拝の対象であるとされています。けっして記念スタンプ帳ではありません。


納経軸(のうきょうじく)

納経帳と同じくお納経(ご朱印)のための掛け軸。


白衣(はくえ・びゃくえ)

遍路でこれを着用することは、聖なる世界を歩むものの象徴と考えられます。
着用するものとご宝印(ご朱印)を押していただくものと、二着用意する方が多いです。

お納経(ご朱印)についてはこちらで確認ください。