四国八十八ヶ所霊場紹介 徳島県(阿波)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 徳島県の霊場 >> 黒厳山 遍照院 大日寺

ながむれば月白妙の夜半なれや
ただ黒谷にすみぞめの袖

黒厳山 遍照院 大日寺

大日寺の歴史・由来

弘法大師が42歳にあたる弘仁6年、この地に長く留まり修行していたとき、大日如来を感得された。大師は、一刀三礼をして55センチほどの大日如来像を彫造され、これを本尊として創建し、寺号を本尊に因んで「大日寺」と命名したと伝えられる。また「黒厳山」の山号は、境内が三方を山に隔てられており、人里はなれたこの地は「黒谷」と称されたのが由来といわれ、地元では「黒谷寺」とも呼ばれていたという。寂本(1631〜1701)の『四國禮霊場記』(元禄2年=1689)によると、かつては立派な堂塔が並び、美しく荘厳な小門から入った境内は広々としていた。しかし、歳月が経ち、伽藍の軒は風化していたが、応永年間(1394〜1428)に松法師という人に夢の託言があって修復されたという旨が記されている。

伽藍は再び荒廃し、天和、貞享年間(1681〜88)に再興されている。また、阿波藩主・蜂須賀家は代々大日如来を守り本尊としており、とくに5代藩主・綱矩公の帰依があつく、元禄から宝暦年間(1751〜64)には手厚い保護をうけ寺塔の大修理がほどこされている。本堂と大師堂を結ぶ回廊には、西国三十三観音霊場の木造観世音像三十三を安置している。江戸時代の中頃、大阪の信者により奉納されたという。また、先々代の住職は不治の病とされたハンセン病の遍路さんを、手厚く接待していたことで知られる。境内は、板野町史蹟に指定された防災区域で、霊地にふさわしい幽玄な雰囲気を漂わす。

大日寺の見どころ

鐘楼門

朱塗りの山門で、上部が円柱の鐘楼となっており、
1階は角柱という珍しい造り。

蛤水

かつては、蛤の汁のように
うっすらと白濁した水が湧きだし、
この水を飲むと胃腸によいとされていた。

ハガキになった樹の葉

かつて庭にあった「多羅葉樹」。
葉に爪などで願いごとを刻むと樹液が変色し、
ハガキ代わりになったという。

大日寺へのアクセス

  • 藍住インターチェンジから、県道1号線、県道12号線を板野・上坂町方面へ。県道34号線と交差する道を右折。バイパスや高速道路の下を直進します。

 

第4番札所 黒厳山 遍照院 大日寺 こくがんざん へんじょういん だいにちじ


▲境内案内図
宗 派: 東寺真言宗
本 尊: 大日如来(伝弘法大師作)
開 基: 弘法大師
創 建: 弘仁6年(815)
真 言: おん あびらうんけん ばざらだどばん
住 所: 〒779-0113
徳島県板野郡板野町黒谷字居内5
電 話: 088-672-1225
駐車場: 普通5台・マイクロバス5台・大型3台
午前7時〜午後5時・無料
宿 坊: なし