四国八十八ヶ所霊場紹介 徳島県(阿波)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 徳島県の霊場 >> 光明山 蓮華院 十楽寺

人間の八苦を早く離れなば 
到らん方は九品十楽

光明山 蓮華院 十楽寺

十楽寺の歴史・由来


山門

寺は現在地から北3キロほど奥の十楽寺谷の堂ヶ原にあったと推定される。大同年間に弘法大師がこの地を巡教して逗留されたときに阿弥陀如来を感得し、如来像を刻んだのが本尊として祀られたと伝えられている。その際に、大師は生・老・病・死など人間として避けることのできない苦難に、10の光明と、輝く楽しみが得られるようにと「光明山十楽寺」の寺名を授けたといわれる。
創建からしばらくは、阿波の北方きっての広大な七堂伽藍を誇っていたが、天正10年(1528)長宗我部元親による兵火で、すべての堂塔が焼失した。幸い、本尊は時の住職が背負い難を免れたという。寛永12年(1635)に現在の地に移り、再建された。


竜宮門

明治時代になり本堂が再建され、本格的な大師堂、書院などを整え、さらに平成6年には立派な木造の本堂を建立している。本堂左前にある「治眼疾目救済地蔵尊」は、古くから眼病、失明した人たちの治療に霊験があるとされ、眼病に悩むお遍路さんの参詣が多い。尊像の前には熱心に祈る人の姿がよく見られ、信仰者のなかには、開眼したという例も数多く伝えられている。四国霊場には、24番最御崎寺、39番延光寺の目洗い井戸、52番太山寺の一畑薬師など、目の不自由なお遍路さんの祈願所が多く、霊験の力をお祈りしたい。

十楽寺の見どころ

水子地蔵

水子地蔵

山門を入るとすぐ正面に。

治眼疾目救済地蔵尊

大師堂階段手前の横。古くから眼病平癒の地蔵尊として知られる。

十楽寺へのアクセス

  • 土成インターチェンジから、高速道路に沿った道を板野方面に進むと、左手にあります。

 

第7番札所 光明山 蓮華院 十楽寺 こうみょうざん れんげいん じゅうらくじ


▲境内案内図
宗 派: 高野山真言宗
本 尊: 阿弥陀如来(伝弘法大師作)
開 基: 弘法大師
創 建: 大同年間(806〜810)
真 言: おん あみりた ていせいから うん
住 所: 〒771-1509
徳島県阿波市土成町高尾字法教田58
電 話: 088-695-2150
駐車場: 普通20〜30台・大型5台
午前7時〜午後5時まで・寸志を
宿 坊: あり(100人・個室)