四国八十八ヶ所霊場紹介 徳島県(阿波)の霊場

文字の大きさを変更

トップページ >> 四国八十八ヶ所霊場紹介 >> 徳島県の霊場 >> 瑠璃山 真福院 井戸寺

面影をうつしてみれば井戸の水  
結べば胸のあかやおちなん

瑠璃山 真福院 井戸寺

井戸寺の歴史・由来

7世紀後半の白鳳時代は、清新な日本文化が創造された時期で、律令制もようやく芽生えて、阿波の国にも国司がおかれた。この国司に隣接して、天武天皇(在位673〜86)が勅願道場として建立したのが井戸寺であり、当時の寺名は「妙照寺」であったという。寺域は広く八町四方、ここに七堂伽藍のほか末寺十二坊を誇る壮大な寺院があり、隆盛を極めたと伝えられている。本尊は、薬師瑠璃光如来を主尊とする七仏の薬師如来坐像で、聖徳太子の作と伝えられ、また、脇仏の日光・月光菩薩像は行基菩薩の彫造と伝えられる。のち弘仁6年(815)に弘法大師がこれらの尊像を拝むために訪れたとき、檜に像高約1.9メートルの十一面観音像を彫って安置されている。この像は、右手に錫杖、左手に蓮華を挿した水瓶をもった姿形で、現在、国の重要文化財に指定されている。大師はまた、この村が水不足や濁り水に悩んでいるのを哀れみ、自らの錫杖で井戸を掘ったところ、一夜にして清水が湧き出した。そこで付近を「井戸村」と名付け、寺名も「井戸寺」に改めたという。


仁王門

ただ、南北朝時代以降の寺史は激変する。まず貞治元年(1362)、細川頼之の兵乱で堂宇を焼失し、次いで天正10年(1582)には三好存保と長宗我部元親との戦いでも罹災している。江戸時代に本堂が再建されたのは万治4年(1661)であった。 七仏薬師如来は全国でも珍しく、七難即滅、七福即生などの開運に信仰が多い。

井戸寺の見どころ


仁王門の大わらじ
面影の井戸

大師が掘った伝説の井戸で、覗き込んで自分の姿がうつれば無病息災、うつらなかったら3年以内の厄災に注意する。

日限大師

石造の大師像で「水大師」ともいわれる。5日、7日などと日数を限って日参すればご利益ありといわれる。

仁王門

阿波10代藩主・蜂須賀重喜公が大谷別邸から移築し寄進した門。

井戸寺へのアクセス

  • 藍住インターチェンジから県道1号線を蔵本町方面へ行き、NTT徳島西営業所ちかくの交差点を右折。約2km先で標識に従って左折。あとは道案内が出ています。

第17番札所 瑠璃山 真福院 井戸寺 るりざん しんぷくいん いどじ


▲境内案内図
宗 派: 真言宗善通寺派
本 尊: 七仏薬師如来
開 基: 天武天皇
創 建: 白鳳2年(673)
真 言: おん ころころ せんだり 
まとうぎ そわか
住 所: 〒779-3118
徳島県徳島市国府町井戸北屋敷80-1
電 話: 088-642-1324
駐車場: 普通30台・マイクロバス5台・大型5台
午前7時半〜午後5時・無料
宿 坊: なし